高野豆腐の揚げ煮

d0275087_1358362.jpg

もう何度作ったかわからないくらいリピートしてるのがこのおかず。

高野豆腐の揚げ煮です^^

作り方はリピ率激しいだけあってとても簡単。
高野豆腐を水で戻して絞り、片栗粉をまぶして揚げた後にお醤油とみりんと出汁で軽く煮てできあがり。
揚げると言っても私の場合は少なめの油で焼き付けるように揚げる(?)程度。
最初はまぶした片栗粉にどんどん油が吸収されて、見てると恐ろしいくらいなんですが、それでもしばらく焼き付けていると、徐々に水分&油分が鍋に戻ってくるのです。
それをペーパーなどで拭き取り余計な油分をカット。
そこに調味した出汁を入れて煮込めば鍋も1個でOKです(笑)。
トロッとしてきたら火を止めて、最後に青ネギをパラリ。
ご飯にどんとのっけて丼にしても美味しいんですよね^^
更にこのおかず、秋田時代に勤めていた職場の同僚に教えると大好評♪
お子さんたちもすっかり気に入ってくれて「これ、お肉〜??」と喜んで食べてくれるんだとか^^;
そんな思い出もありました。


そして、写真がありませんが他には糸こんにゃくのきんぴら、ジャガイモとスナップエンドウの生姜煮、長いもの梅肉和え、白菜漬け。
オール菜食でも、ボリュームのある揚げ物などが入っているとダンナの満足度も高いようです。
我が家は幸いにしてダンナが健康オタク気味なところがあるせいか、食事を野菜中心にしてもほとんど抵抗がありません。
TVの料理番組などを見てたまに「この肉うまそ〜〜!」とか雄叫びをあげることはありますが、そういうときは「あ〜ほんと美味しそうだねー」と相づちを打ち、あとは知らん顔(笑)。
絶対に食卓に出せとまでは言わないところが助かってます^^;
それでも時々は食べたいかなーと思ってお魚を出したり、いただきもののお肉があったりするときはダンナに食べてもらいます。
この前、牛タンのお土産をいただいたときは、お弁当にも入れてしまいました(* ̄m ̄)まぁー中小企業で働いてるダンナは外で闘わなくてはならないので多少のお肉は必要かもしれません^^;;(頑張って稼いでっ)
個人的な我が家での最終目標は、ダンナ共々完全マクロビの食事に切り替えること。
勤めている間は外でのお付き合いがあるので、あくまでもお家ではってことで^^
道のりは長いかもしれませんが、決して険しくはないので、のんびりゆっくり無理せずやっていこうと思っています。

マクロビオティックの勉強も始めたことだし、これからもっと食について深く考えて生活に生かしていきたいですねー^^




そういえば秋田にいたころは、手荒れに悩んでいる同僚に、「ゴボウや大根やレンコンを皮ごと食べてみて」とアドバイスしたら、その冬はいつもなら指紋がなくなるほど皮がむけてくる指先だったのに「剥けなくなったんです〜!!」と報告してくれるほどに^^
風邪で苦しんでいる同僚のダンナ様に第一大根湯を教えたら「今朝は熱が下がって会社に行きました」との報告があったりとか・・・
私のつたない知識なのに、とても素直に実践してくれる人たちが周りにいて、本当にありがたい日々だったと思います。
私1人、給食ではなくお弁当を持って行ってたのにそれをなんだかんだ言う人も1人もおらず・・・むしろ理解してくれていました。
あぁー懐かしいなぁ〜

秋田ではとてもとても恵まれていました。
出会う人出会う人すべてみないい人で。
お別れのときは大泣きで惜しんでくれました。
今も懐かしく思い出します。
また秋田に遊びに行きたいなー^^
[PR]
by akibellcat-2 | 2013-02-18 19:13 | おうちごはん
<< 抹茶と小豆の蒸しケーキ 蒸し野菜の梅味噌だれ >>