初たけのこ

昨日の夕方、義父がやってきて、裏山でたけのこを掘ってくれました。
「そろそろ出てくる頃じゃないかと思った」そうで・・・^^;
でも今のところ収穫できたのは大きめのものが2つだけ。
お初なので、義父のところとうちとで半分こにしました。
これから多分まだどんどん出てくると思うので、さっそく下ごしらえしていただきます。

昨日の夜のうちに下ゆでしておいたたけのこ。
d0275087_9385274.jpg

本当はこれの倍以上あるんですが、写真を撮るときすでに煮物にしていたのでとりあえずこれだけ^^;
下ゆでするときは皮ごと鍋にいれ、ぬかを入れて煮ます。
箸が通るくらいに柔らかくなったら火をとめ一晩置きます。
それから調理するのですが、今回は掘りたてなのでさほど灰汁は出ません。
私はいつも適当~~に調理してしまいます。
それでも美味しく食べられるので、これは掘りたてならではのことかも^^

定番の煮物。
d0275087_9391445.jpg

昆布と一緒に薄味で炊きます。
これは多めに作っておくと、他の料理にも使い回せるので便利ですよ♪
細かく切ってご飯に混ぜれば即席たけのこご飯。
薄味なので、酢みそと山椒の葉で木の芽和えにしても、お醤油の風味が加わって美味しいです。

たけのこ好きのダンナが今朝見つけて「おお~たけのこか~~!弁当に入れた?」
「入れてないよ~~^^;まだ下ごしらえしたばっかりだもん」
「そうか・・・」
残念そうでした^^;
「たけのこご飯うまいよな~~」と言うので、「それなら今日の夜はできるよ」と言うと、「今日はたけのこご飯♪」と、まるで子供ですか!?(笑)
「天ぷらもうまいよな~~」
と朝の妄想はとどまるところを知らず・・・(孟宗竹なだけに??)
なんだか気の毒なので、天ぷらなら時間がかからずできるので、お弁当にはすこしですがたけのこの天ぷらを入れてあげました。
天ぷらってお弁当おかずには不向きなんですよね~~~
お弁当箱が木のわっぱだからまだマシかな?

お弁当の残り。
d0275087_9393088.jpg

やっぱり天ぷらは熱々が一番美味しいですよねっ!
お弁当に詰めながらパクリとつまみ食い。役得役得~~♪

・・・そういえば、去年こちらに戻ってきたときの初めてのお弁当のおかずが、たけのこの煮物でした。
5月までたけのこ、出てたんですね~~。
もう1年になるのかー・・・早い^^
娘のお弁当が終わった~と思ったら、今度はダンナのお弁当が待っていました。
って、たった1コのお弁当でげんなり(笑)してますが、実家の母は一時期、私と弟と妹と父の4人分のお弁当を毎日毎日作っていたんですよねぇーー・・・しかも仕事しながら!
自分が似たような立場になってみて、つくづく母のすごさがわかります。
たった1コでブーブー言ってる場合じゃない^^;
そんな母、誰もが「料理好き」だと信じて疑わないのに「私は料理はあまり好きじゃない」と言い張っているという・・・理解不能に聞こえますが、私にはなーんとなくその気持ちわかるよーな^^;


裏山だけではなく、庭でもこんな食材が^^
d0275087_9394895.jpg

これ、カラスノエンドウの若いつるの部分です。
あの庭にはびこる雑草です^^;
食べられるんですよね~~、知りませんでした。
花が咲き始めたくらいまでが採り頃らしいです。
ウォーターソテーして、刻んで、大根とマヨで和えました。
クセも何にもなく、食べやすいです。
d0275087_940867.jpg

これ、小さな莢ができますが、それも食べられるそう。
同じマメ科ですもんね~。
(実はこれ、庭一面に広がってます・・・・・・・・・広がりすぎて洗濯物に絡むことも・・・・・・)

雑草と呼ばれている野草の中でも食べられるものが多いということは知っていましたが、関心を持ったのはこの本を読んでから。
d0275087_11404753.jpg


私の大好きな作家さんの一人、有川浩さんの「植物図鑑」です。
有川浩さんの本は文庫は何冊か持っているのですが、単行本となると・・・今、本って高いんですよね~~(涙)
ほしくてもなかなか手が出せないというこのご時世。
なので図書館で借りてきました。
とっても爽やかで後味のいい恋愛ものがたりです。
読んだ後、心があったか~くなるようなお話が最近は好きですね~~~
(年かしら)
その中にありとあらゆる野草の紹介が織り込まれてあります。
誰も気にもとめず、時には踏まれたまま放置されることもあるような、とっても身近な野草たちを主人公2人が大事に収穫(笑)し、美味しく命をいただいていくうちに、2人の中の何かがあたたか~く育っていく、というような本当に素敵なお話なのです。
あぁ~~~20年前に読みたかったっ!!(爆)

そんな私でも読んで良かったなぁ~としみじみ思えるお話です。
これを読むと、その辺に生えている雑草が違った表情に見えてくるんですよねー。
よくよく見ると花は控えめで愛らしいし、群生すると時には息をのむほど美しく見えます。
本の中にあった雑草を探して庭に植えてみようかなーとすら思うほど^^;
まぁそんなこと思わなくても雑草だらけの庭ですがー。

本当に面白いので、おすすめでーす。
[PR]
by akibellcat-2 | 2013-04-09 11:51 | おうちごはん
<< 京都にて。 すっかり春ですねー >>