春の野草と地元のお酒

実家の畑の周りに次から次へと生えている春の恵み(笑)。
d0275087_192510.jpg

フキにユキノシタを採ってきました。

フキはよく自宅の庭にもあちこち生えているのでお馴染みなんですが、ユキノシタはないんですよね^^;
実家の庭のあちこちにテント生えで群生しているのを見て少しいただいてきました。
これ、天ぷらにしたらほんとーーに美味しいんですよね〜〜♪
秋田から送ってきた男鹿の藻塩を振ったらもう絶品。
d0275087_192428.jpg

シンプルな味が嬉しいです。
天ぷらなのであまりたくさん食べられないのが悲しいところ^^;
でもこのくらいが一番いいんですよね。
食べ過ぎて胸焼けしても何だか悲しいですし(笑)。

フキは少し濃いめに煮て佃煮風にしました。
d0275087_1923036.jpg

青煮と違って佃煮だと筋も取らなくていいし、簡単なのです。
ご飯のお供に最高ですねー。
うちの庭は日陰が多いので、フキは生えるのですがなかなか大きくなりません。
実家の燦々と日が当たるところではぐんぐん大きくなっていたフキも、我が家はまだひょろ〜ん。
もうちょっとしたらたくましくなるでしょう。
なんかこの日は佃煮に天ぷらに、母からのおすそわけのおかずたちでほとんど手がかかってなかったなー。
お買い物も全然してないし^^;
たまにはこういうのもいいですねー。


これは別の日のおかずです。
仙台麩とジャガイモの甘酒煮。
d0275087_1925522.jpg

甘酒を使うと味に深みが出て煮物がとても美味しくなります。
これってただ野菜を切って仙台麩と一緒に出汁とお醤油と甘酒で煮込んだだけなのですが、仙台麩のおかげでコクも出てなかなかいいお味になりました。
ダンナも珍しく一口食べて「これは旨いな〜」。
甘酒の力はスゴイ!
それと、東北じゃないと手に入らないと思っていた仙台麩が、近くのスーパーに置いてあったことがラッキーです。
男の人にはこのボリューム感がやはり時々必要なのですから。
お肉を使わずにこれが出せるというのは、この仙台麩ならではなんですよね^^
(後は車麩を置いてくれればなぁ〜〜〜・・・)
お麩って寒いところで作られるものなので、西日本の方では種類があまりないのです。
板麩も欲しいけど無いし・・・
そのかわり、向こうじゃ通販でしか買えなかった海藻の「あらめ」が、こちらじゃ普通に置いてありますけどね。
それでもネット通販で全国からお取り寄せが出来る時代になったということは便利でありがたいことだなぁと思います。


今日のお昼ご飯。
d0275087_1944272.jpg

国産小麦を使った讃岐の乾麺があったので、ぶっかけうどんにしてみました。
ゆでたてをそのまま丼に入れて、薬味を入れて終わり(笑)。
鎌田の精進だし醤油をかけていただきました。
美味しい〜〜〜♪
麺を生かす一番の食べ方ですね!
秋田にいたころ、丸亀製麺のお店が近くにできたので、一人のときはよく行ってました^^
温かいぶっかけおろしうどんが美味しくて、そればっかり食べてました。
東北でも讃岐うどんがいただけるなんてスゴイ時代になりましたねー(笑)。
こっちに帰ってきたら、いつのまにか近くにも同じお店ができてるじゃありませんか!
嬉しくて2回ほど行きました。
懐かしい気持ちが食べ物をいっそう美味しくするんですよね。

例えば、盛岡の福田パン。
d0275087_20562636.jpg

盛岡に住んでいたころにたまに食べていたパンです。
ふかふかのパン生地に、あんこやジャム、クリームなどをはさんだ素朴なパン。
今では中身の具も多種類になっているようです。
盛岡では有名で、行ったらついつい買いたくなってしまうんですよねー。
これも懐かしい思い出のなせる技・・・^^;


ところで、今日は珍しく日本酒コーナーを回ってました。
そして見つけて買ってきたのがこれ。
d0275087_195226.jpg

地元で合鴨農法をなさっている古野隆雄さんたち合鴨グループが作ったお米が材料のお酒、「一鳥万宝」。
地元のお酒なんですよね。
まだ一度も飲んだことがないので楽しみです。
そして純米にごり酒。
これはお米と米麹のみで作られたお酒です。
やや甘口とのことなので美味しそう〜〜〜〜♪
大瓶もありましたがまずは小瓶で。
お酒って、北の方で作られる物の方が辛口で私としては好みなのですが、地元にもきっと美味しいお酒があるに違いない!(笑)
以前程たくさんは飲めなくなりましたけど、良い物を少しずつ嗜むのもこれまた楽しいです。
[PR]
by akibellcat-2 | 2013-04-19 21:07 | おうちごはん
<< 抹茶プリンとイチゴのムース MI塾 第3回目 >>