お料理教室

お久しぶりです。
音沙汰なしで1年以上が過ぎておりましたが、元気で仕事を続けています。


先日、職場にて料理教室を開かせていただきました。
今勤務している幼稚園で、保護者の方々が私にマクロビの料理教室を、と強い要望を出してくださり、保護者会主催という形で開催することができました。
まったく初めてだし、バックボーンも何も無い状態。なのに参加者を募ると30人近くも集まってくださり、本当にありがたいことでした。
それだけお母さん方が日々の料理に何かしら疑問を感じ、色々と模索しているのかなぁと思いました。
場所は市営の調理室。5テーブルを使って大賑わいでした。
(ま~、お母さん方の賑やかなこと!(笑)
時間が3時間という短さだったので、最初の説明を大幅にカットして、重要な部分のみデモテーブルで実践。
後は作りながら私に聞いてくださーい、という具合でした。
本当は少しお話をしたかったんですけどね~。

一番悩んだ献立は、マクロビ初心者向けの簡単なものにしました。
時間のことも考えて、ご飯は雑穀入りにしてガス釜でまとめ炊き。(1、5升)
春なので何か野草を入れたいと思い、おなじみの菜花がいいかなと思っていたら、実家の母が大量に摘んできてくれたので、ものすごーく助かりました。
そして肝の食養になる麦を使ってサラダに。サラダ仕立てなので、大根とニンジンも入れ、ドレッシングには梅酢も加えてバランスを取りました。
メインは食べやすい車麩のフライ。
そして、どうしても作りたかった蒸し煮のお味噌汁。
デザートはリンゴを使ったノンシュガーのものにしました。

調理道具がごくごく普通のものなので、蒸し煮は難しいかな、と思いましたが、そこはさすが現役主婦の皆さんで、見事に蒸し煮のお味噌汁が完成してました。
試食してみて、お味噌汁の美味しさにみんなビックリ。
(私が一番ビックリ!!(笑)
「出汁なしでこんなに美味しいなんて!」
「今までの出汁は何だったんだ!」
との声続出。

他のお料理も皆さん美味しいと言ってくれたので、本当に良かったです。
食べてみて美味しいと思えなければ、いくら身体に良くても意味がありませんから。
純粋に疑問点をぶつけてくるお母さんもたくさんいて、私も答えるのに必死でした。
勉強したことを総動員して答えましたが、やっぱり言葉に詰まってしまうこともあり、まだまだ勉強しなきゃいけないことが山ほどあるなぁと感じました。
けれど、「美味しかった」「家でも作りたい」と言ってもらえるとすごく嬉しいですね~。

この後、何度もお味噌汁をリピートしてくれたお母さんもいて、ご家族に大好評なんだとか。
あ~良かったなぁ~って思います。

実際は、材料が足りなかったり、教え方が悪くて抜けてたところが結構あったりで、「あー言ってなかった!ごめんなさい!」ってこともたくさんありました。
それでも、「また次回、開催してください」と言ってくださる方もいて、やってよかったなぁって思います。
これが次の一歩に繋がるように、これからも頑張っていきたいです。


けれどさすがに30人近い生徒さんを教えるのは、今の私では厳しい~~~~~
次回からは少し人数と時間も考えなければー。
ていうか、まだどういう形でやっていくか模索中なのです。
というのも今月で退職するのですが、この1年半はあまりの激務に、マクロビどころではなかったというのが現実。
家事でさえままならない状況、ただひたすら大阪に通うので精一杯でした。
(実は帰宅してからも仕事に追われる日々でした)
そんな中、やめてからのビジョンを思い浮かべる余裕すらなく・・・
ただ、マクロビの活動をやっていくのなら、この仕事をしながらでは無理だ、ということがわかりました。
保護者の方から料理教室のお話をもらってから、やっとなんとなく見え始めた、というくらいなのです。
これからどうしていこうか・・・考え中ですが、アバウトな性格なので見切り発車するかも(笑)。
まずは今月、今の仕事を最後までやりとげてからの話ですね。

とりあえず、近況はこんなところです。


d0275087_22511345.jpg


d0275087_22521920.jpg

お茶と、おにぎりになっている玄米ご飯は私が用意しました。
どうしても玄米ご飯を食べてもらいたかったのです。
でもこの調理室で玄米を炊くには道具不足もあり無理でした~

5テーブルありましたが、2つだけアップしてます。
美味しかったですよ~。
[PR]
by akibellcat-2 | 2015-03-17 22:55 | マクロビオティック
<< 焼いてみました テンペのしょうが焼き弁当 >>