<   2013年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

白菜の甘味噌煮とふき味噌

先月の終わり頃から裏の山で鳴いていたウグイス。
ホーーホケッ ホーーホケッとまだまだ上手い具合に鳴けなかったのですが、今日は随分上手に鳴いてます。
もう1ヶ月近くたつんですものね。
あのときのウグイスだとしたらかなり上達しています(笑)。
春はウグイス、夏はヒグラシ、秋はコオロギ。
色んな声が周囲から聴こえてくる我が家です。


いつぞやのご飯。

蒸し野菜の梅味噌だれ献立。
d0275087_12133948.jpg

梅と味噌とみりんを合わせて出汁適宜で溶きのばしたタレがすごく美味しくて何度も作ってます。
これと蒸し野菜がすごく合うんですよね。
この日のおかずはこれと、厚揚げの煮物、わかめの醤油炒め、白菜漬け、そして懐かしの蕗味噌。
d0275087_1212492.jpg

出たばかりのフキノトウを刻んで味噌とごま油で炒め合わせたもの。
少し甘味を入れて甘辛味にするとご飯がすすみすぎて怖いくらい^^;
秋田にいた頃も時期になると作っていたのでとても懐かしいんです。
(秋田ではフキノトウのことを「ばっけ」と言います。なので「ばっけ味噌」)
こういう常備菜を作り置きしておいて毎日少しずついただくと身体の調子も整ってくると思います。
春はやっぱり春野草ですねー♪
天ぷらなんて本当に美味しくてついつい食べ過ぎに・・・油の取り過ぎには注意です(笑)。


懐かしいと言えばこんな懐かしい料理を作ってみました。
izumiさんの白菜の甘味噌煮です。
d0275087_12134796.jpg

冬場は必ず数回は登場していたこのおかず。
冬と言わず、白菜を買ったら必ず1度は作っていたものです。
煮込んでトロ〜リとなった白菜がえも言われぬ美味しさ。
いまだに飽きずに食べたくなる味です。
ご飯のお供だけではなく、うどんに絡めて食べるのもまたまた美味しいんですよねー。
書いてたらまた食べたくなってしまいました。


そして最後はスイーツ。
おなじみのチョコバナナケーキです。
d0275087_12143771.jpg

今にも腐ってしまう寸前の超完熟バナナがあったので(放置しっぱなしのバナナとも言う)、大好きなチョコバナナケーキを作りました。
いつもはココアパウダーだけを使うのですが、今回はアレルギー対応(乳製品、白砂糖不使用)の板チョコがあったので、1/4枚ほど刻んでいれてみました。
そうするとタダでさえ超完熟バナナでしっとりジューシーなのに、更にリッチな味わいに。
荒く刻んでいたので焼きたて熱々のときはなんとフォンダンショコラのプチバージョンみたいに中でチョコがトロッ。
冷めてからはチョコチップケーキのように中でカリッと。
ちょっとコレ、大成功じゃないですかー!!??
あんまり美味しかったので第二弾を焼き、お花のお稽古に持っていきました。
洋菓子全般が苦手だという人が「美味しい」と2個もペロリ。
大好評でした^^
今回はアーモンドプードルの量を増やしてみたのも勝因かもしれません。
一晩置いてもしっとり感が長続きしています。
食べ過ぎないように注意注意^^;;


d0275087_1372864.jpg

裏山に咲く山吹。
一重の花びらの山吹は珍しいんですよ〜。
この土地に引っ越して来た当初からずーーっと咲き続けいる花です。
義母が大好きだったので、毎年咲く頃になると義父がたくさん取って持って帰ります。
そして義母の仏壇の横にどっさり飾るのです。
山吹は水上げしにくくて花びらもすぐに落ちてしまうのが残念なところです。
緑の中に黄色の花が満開で、この時期すごく美しいんですが、秋から冬にかけて葉が落ち茎だけになると、なんとそれが黄色に色づいてくるのです。
茶色の枯れ枝や枯れ葉の中から鮮やかな黄色い茎が何本も出ている様子はとても不思議な感じです。
その茎を花材にして何か生けてみるのも面白いかもしれませんね^^
[PR]
by akibellcat-2 | 2013-03-27 13:00 | おうちごはん

娘の帰省とご飯イロイロ

先週の一週間、大学の春休みも終わりに近づきそうな頃になって、やっと娘が帰省してきました(笑)。
モーレツに忙しいと言うわけでも無かったようですが、バイトやサークルの合宿、お友達との格安プチ旅行などで結構楽しんでいた模様^^;
それらの予定をこなしたあとのようやくの帰省です。
部屋のすみにはスーツケースがどどーん。
化粧品やらドライヤーやらがごちゃごちゃと置かれていたこの一週間。
娘の帰京とともに片付いてスッキリしたのですが、それもまた寂しいものですね〜^^;


前回の帰省のときは、一人暮らしではまず食べることができないお寿司や焼き肉などを食べたがっていた娘ですが、今回は不思議とそれがなく、一週間ほとんどおうちご飯。
久しぶりに親子3人で食卓を囲めました。
きっと1人じゃろくなものを食べてないだろうと思い、うちにいる間くらいはと毎日かかさずお味噌汁とご飯です。
他にも「これなら娘の口に合うかな〜」と思ったレシピがあったのでそれも作ってみたり。
その一つがこちら。
d0275087_11265063.jpg

高野豆腐のベジタコライスです。
本物を食べたことがないのでどんなものか想像でしかないのですが、以前作ってみたらダンナに好評だったのでまず間違いないだろうと^^;
サルサソースも超適当。
(チーズは省略(笑)

大失敗が転じて大成功になってしまったオートミールの和風ドリア。
d0275087_1153230.jpg

オートミールハンバーグを焼くとき大失敗して分解してしまったものを仕方が無いのでご飯にのっけて急遽ドリアにしたてた一品。
それが成功して以来、最初からドリアにするつもりで作っています。
これも予想通り娘の口に合ったようで、完食でした^^

菜の花の焼き蕎麦。
d0275087_1128362.jpg

菜の花のほろ苦みはこの時期身体にとっても良いのです。
たまった老廃物を排出してくれる力があります。
意識してとっていますが毎回おひたしや辛子和えなどワンパターンになっちゃうんですよね。
私はそれでも好きで食べますけど^^;(不満げなのが約2名)
たまには目先を変えて焼きそばに入れてみました。
麺は和蕎麦。
ただ・・・和蕎麦を焼きそばにするのだけは娘もダンナも苦手^^;
2人の体質を見ているとそれはもっともなので2人には普通の焼きそば麺を使いました。


家にいる間、娘も1つお料理を作ってくれました。
d0275087_11282655.jpg

パングラタン〜♪
いつもは食パンで作っているらしいんですが、今回はバゲットで。
耐熱皿に敷き詰めて、上から具入りのホワイトソースをかけてトースターで焼きます。
うちにはチーズがないので「ないけどいい?」と聞いたら「えーー!・・・でもまーいいけどー」と納得してくれました。
具は、ご近所さんから大量にいただいたほうれん草とコーン。
このほうれん草、ご近所さんの畑で見事にできていたもので、一週間ごとに「食べてくださーい」といただいてるんです^^;
それも毎回大量で、まるで赤ちゃんを抱っこするかのように抱えて持ってきてくださるのです。
ほうれん草、高いこともあるのでありがたいですね。
娘が帰ってきたときはここぞとばかりに食べさせました(笑)。
このときも当然ほうれん草です。
台所に立って野菜を洗い、包丁を使っている姿はなかなか様になってるではないですか。
高校のときとは大違いです。
必要に迫られて1人で色々とやっているんでしょう、それなりに成長しています。
私が手を出すこともなくパングラタン完成しました。
「もう少しトロミがあった方が良かったかなー」などとブツブツ言ってましたが美味しかったです。
娘の手料理を食べられるようになったんだなぁーとしみじみ・・・
さて次回はどんなお料理を作ってくれるのでしょうか。(笑)


京都にいるときよりも運動量が激減していたのでワンコといっしょにお散歩なども。
いつもはダンナ1人でのお散歩が、この日は私と娘との2人なのでワンコもテンションアップでした。
そわそわしているのが丸わかり。
足取りは速くなりぐんぐん先に行こうとします。
でもリードを引っ張らせるのは私は許していないのでその度に叱るとしばらくして落ち着いてくれました^^;
秋田ではしばらく2人と1匹の3人(?)暮らしだったのでやっぱり会えると嬉しいよねー。
うちのワンコはとっても気が小さいので前から車や自転車が来たりすると、何メートルも先なのにピタリと止まり、その場におすわりして通り過ぎるまで動かないのです。
時にはあまりにも早々と止まりすぎて「え?なんで動かないの?」とついリードを引っ張ってしまうことも。
そうこうしているうちに遥か遠くから車が近づいてきて通り過ぎ、「あー車ね・・・」
ほんとーに気が小さいったら・・・。
まぁでも安全面から考えるとすごく助かります。
気が小さいのも長所なんですよね〜〜^^
この日もその長所を存分に発揮しつつのお散歩でした。
d0275087_11284418.jpg

こーーんな農道なんですけど結構車の通り、多いんですよ。
見渡す限り田んぼと畑。
今は有名な合鴨農法を最初に研究し実践した人がこの地元の人で、その人の田んぼもここにあります。
(参考までにこちら
田植えが終わると可愛い鴨のヒナたちが田んぼの中を泳ぐ姿が見られます。
ここをぐるりと一周してだいたい1時間半くらい。
のんびりゆっくり、なんてことない時間でしたがこれも貴重な時間ですね。
今までは当たり前でしたがこれからは意識してそういう時間を作らないとできないのですから。
家族が一緒にいるのはほんのわずかな時間。
それがいかに大事だったのか、気づくのは過ぎてしまってから。
小さい頃は早く大きくなって手がかからないようになってほしい〜!と思ってましたが、そう思っているときが一番幸せだったのかもしれませんね^^

今は今で娘が元気でたくましーく生きていってくれてればそれが一番幸せです。

このお散歩の翌日、夜行バスで娘は帰っていきました。
次の帰省は夏だなーー^^
[PR]
by akibellcat-2 | 2013-03-24 13:11 | おうちごはん

梅の花

学業の神様で有名な太宰府天満宮。
その裏の通りにお豆腐と湯葉料理の「梅の花」というお店があります。
先日母と一緒に行って来ました。
お天気もよく梅も満開で絶好の行楽日和でした^^

こちらのお店は懐石料理を予約すると個室でいただけるのです。
こじんまりとした個室は入り口が普通の半分くらいの高さの引き戸になっていて、かがんで入ります。
外からは中の様子がほとんど見えません。
なので落ち着いてお食事ができます。
各部屋には担当の人がついていて、お料理は全部その人が持って来てくれるのです。

お部屋の中の小さな床の間。
d0275087_20561327.jpg

季節のお花がいつも生けてあります。

最初のテーブルセッティング。
d0275087_20564278.jpg

可愛いです^^
これも季節によって変わります。
時期的におひな様ですね〜♪


お品書き。
d0275087_2057152.jpg



前菜です。
小鉢、湯葉煮、季節のおひたし、茶碗蒸し。
d0275087_20573366.jpg

小鉢の中は、カマンベールチーズのお豆腐。
葛粉を使ってあるのでもちもちでした。


「おしのぎ」のレンコンまんじゅう、かにしゅうまい。
d0275087_20574845.jpg

レンコンまんじゅうが美味しかった〜〜
これもホントにもちもち。
カニシュウマイが入っている器は底に小さな穴がいくつも空いていて、それ自体が蒸し器になっているんですよ。
そのまま蒸してそのまま出せるのですごくいいですね^^
私も欲しくなってしまいました。


季節のおつくり。
d0275087_2058383.jpg

このくらいの量が嬉しいですね^^


引き上げ湯葉。
d0275087_20581869.jpg

豆乳をコトコトと煮詰めていって上の方に出来上がった湯葉を引き上げ、だし醤油と柚子の皮のすりおろしを入れていただきます。
柚子の香りがすごく利いていて美味しかったです。
これは早めに出されて出来るのに時間がかかるので、他のお料理も楽しみつつこちらもいただけるというちょっとお得な感じ^^
最後はお鍋の底が見えるくらい、たっぷりと堪能させていただきました。


春野菜の天ぷら。
d0275087_2058327.jpg

菜の花、ふきのとう、たらの芽、こごみ、たけのこ、にんにくの芽。
さっぱりと塩でいただきます。
うーん^^春爛漫〜♪
こういうお料理は身体がとっても喜ぶ感じでありがたいです。
春野草でデトックス効果もバッチリ!?


湯葉のお吸い物、鮭のおこわ、八女漬け物。
d0275087_20584624.jpg

あっさりと薄味がとても美味しいご飯ものでした。


そうそう1つ写真を撮り忘れました。
途中で、生麩の田楽と、鱈の西京焼が出ました。
お肉のお料理とどちらかを選べます。


デザートは豆腐のアイスクリーム。
d0275087_2059138.jpg

黒蜜と合います。美味しかったです^^


多少、お魚や茶碗蒸しなどが入りますが、概ねシンプルなお料理なので私も美味しくいただきました。


入り口のところにはおひな様。
d0275087_20591697.jpg

少し高さのある棚などの上に置いた方が観やすかったかなぁ・・・・
床に直に置いてあったので^^;
でも楽しめました。



梅の花を出るとすぐに太宰府天満宮です。

大きな楠。
d0275087_20593198.jpg

樹齢はものすごいんだろうなー。
幹にはぽっかりと大きなうろがあり、まるでトトロが住んでいそうな雰囲気。
d0275087_20594695.jpg

木の幹も補修されています。

こんな木が天満宮のあちこちに立っているんです。
ものすごいパワーですよね〜。

天満宮の入り口です。
d0275087_20595970.jpg

梅が満開だからか合格祈願だからか・・・
それとも国立博物館でボストン美術館展をやっているからか・・・
平日だったのにすごーい参拝客でした。

記念撮影をしている人たちの合間隙間を縫って私もパチリ。
d0275087_210266.jpg

紅梅、キレイです〜〜

菅原道真を慕って京から飛んで来たと言われている「飛梅」
d0275087_2105194.jpg

よく見ると3本ありました。
本堂の横に植えられています。


梅まつりだか何だかで、境内には出店がずらり。
猿回しの人までいました^^
合格祈願でしか来たことがなかった太宰府でしたが、今はそんな心配もなく満開の梅をのんびり眺めることができて嬉しかったです。
実は自宅から車で約30分強という近さなんです。
またお天気のいいときにお散歩がてら行きたいな〜。
[PR]
by akibellcat-2 | 2013-03-05 23:21 | 日々のこと