美食倶楽部 遼雲

外食記事が続いてます・・・・^^;;


地元、八木山のふもとにある、お蕎麦屋さん。
山道を分け入るように入っていくと、木々に囲まれた中にひっそりと建っています。
その名も美食倶楽部 遼雲さん。

あら・・・蕎麦処じゃなかったのね、と思わせる店名。
でも、メインは、やっぱりお蕎麦でした^^

駐車場に車を停めて道をのぼっていくと、最初にアジアン雑貨のようなお店が見えてきます。
更に進むと、木々の間から明かりが見える建物に到着。
「果実カフェ」と書いてあります。
d0275087_9465955.jpg

ここは同じ経営で洋食屋さんになっています。
お肉料理がメインで、平日はサラダバーやフレッシュフルーツバーが楽しめるそう。

それを通り過ぎ、更に奥まったところにあるのが、こちら。
d0275087_1014326.jpg

見えてきました。
美食倶楽部 遼雲。

入り口らしきところは一目瞭然なのですが、初めてだとちょっと悩みますね。
一見、普通の豪邸(?)の玄関かしらと思ってしまう、なかなか入りづらいところです。
でも周りを見てもそこしかないので、思い切って玄関から階段を上がり、ぴっちりと閉じてある引き戸を開けるとーーーー

ハイ、やっぱりお店でした(笑)。

広いお座敷に掘りごたつの席が並び、正面にはなんと中国から掘り出されたと思われる調度品がど~~んと鎮座しています。
そのほかにも様々な珍しいものがあちこちに飾られています。
オーナーは陶芸家の方だということなので、美術品は趣味なのでしょうか~^^
その方の作品を展示したギャラリー&カフェも同じ敷地内に併設されているんですよ。

お座敷だけではなく、そこから階段を2、3段下りたところにも席があったのでそちらに座りました。
d0275087_10283022.jpg

この場所って、晴れている日はガラス戸を開けてテラス席のようになるのかもしれません^^
d0275087_10281187.jpg

お座敷はこんな感じ。

奥に一部屋、個室もありました。
d0275087_10314084.jpg

ここにも民芸箪笥や桐の箪笥などの骨董品に近いようなものがズラリ・・・
もはや、食事のできるギャラリーですね~~~

こういうつくりから、昔からあった建物を改造したのかと思っていたのですが、実は新築なんですって。
天井の梁なんてすごいですよ~~~巨大丸太!
今から20年くらい前に、わざわざこの場所に木材を運んで建築したそうです。
(バブルの名残が残る時代・・・???)
店内のみならず、お庭にも世界各国の様々な調度品が置いてあるので、なんとも不思議な雰囲気がただよっています。


いただいたのは「そば御膳」
HPのお品書きにはセットメニューが2種類ありますが、今はそれはなくなっていて、セットメニューはこのそば御膳だけでした。

先付け。
d0275087_10422336.jpg

冬瓜だったかナスだったか・・・ちょっとうろ覚えですが、そぼろ餡かけとマカロニのトマトソース煮。(のようなもの)

お椀もの。
d0275087_10444353.jpg

もっちりとしたレンコン団子でした。
美味しい♪

前菜。
d0275087_10451556.jpg

品数にビックリです。
海老のチリソース(これがまた辛かった!!)、白和え、貝割れのローストビーフ巻き、煮物(にんじん、南瓜、シイタケ、こんにゃく)、一口稲荷ずし、まぐろのお刺身、長いもと鴨肉の柿の葉焼き、焼きなす、ししとうと卵焼きの天ぷら。
一緒に行ったダンナにいくつか食べてもらいましたが、だいたい美味しかったですよ^^
卵焼きの天ぷらには参りました・・・・ナゼに天ぷらにする必要が? そして柿の葉焼きは、長いもがホクホクで美味しかった~。柿の葉でくるんで焼くことで、お肉の臭みがなくなってますねぇ~

御飯、漬物
d0275087_10513713.jpg

赤米を炊き込んだお赤飯になってました。

蕎麦とミニ天ぷら。
d0275087_10535496.jpg

メインのお蕎麦は二八です。
お蕎麦に天ぷらって合うんですよね~
シイタケ、レンコン、青じその天ぷらでした。

デザート&コーヒー。
d0275087_1055435.jpg

このカップの形に釘付け!
面白い形ですよね^^
(でもちょっと持ちにくかった^^;;)
お店で出される分にはすごーく楽しくて良いです♪
デザートは、水羊羹と、ベトナムのコーヒーを使ったというコーヒーゼリー。
面白い味でした。


お料理はどれも美味しくてお腹いっぱいになりました。
店内も静かで窓から見える川のせせらぎの音が聞こえ、ゆっくり過ごせそうな雰囲気でした。
普段お休みのときでも外食は滅多にしないので、たまに来るならこういうお店で美味しいお料理をいただくのがいいですね~~~~^^
(大人2人だし)

d0275087_1124834.jpg





お蕎麦をいただいていたら、秋田にいたころお気に入りでよく通っていた「たちばな屋」を思い出しました。
そこのお蕎麦、ほんとーーに美味しかったーー
お蕎麦はやっぱり東北には敵いませんね。
また冷やかけ蕎麦が食べたいな~~~~
[PR]
# by akibellcat-2 | 2013-09-05 11:04 | そとごはん

TWO HEARTS

d0275087_16142753.jpg


とっても癒される素敵なカフェを見つけました。
「B&BカフェTWO HEARTS」さん。

MI塾に行く途中の道路沿いにあるんですが、行きはまだ開店してないし、帰りは閉店しているしで全然足を運ぶことができません(涙)。
いつもいつも「いつか入ってみたいなぁ~~」と思いながら素通りしていたんです。
でも!
やーーっと機会が訪れました~~♪
先日、日田の方に出かけた折、チャンス到来。
お昼の3時頃になりましたが、休憩がてら寄ってみました。

カワイイ普通のお家のような感じ。
お庭には色々な植物が植えてあります。
そしてところどころにアルミ缶で作ったお人形が飾ってあって、なんともメルヘンチック^^
駐車場に車を停めると、すぐにお店のご主人が顔を出して迎えてくださいました。
「今日は外がとても気持ちいいですから、テラスでどうぞ」と。
台風の来る前で少し風が出ていて、ちょうどいい涼しさだったのです。
「うちはエアコンがないので、外の方が涼しいかと思います」
と、おっしゃるご主人。
聞けば、できるだけ電気を使わない生活を心がけているとのこと。
それで、夏はエアコンなし、冬も薪ストーブですごしてらっしゃるんですって!

通されたテラス席は風通しもよくて涼しい~~~~^^
d0275087_16413826.jpg

山の上の方なので、こんな猛暑の年でも30度を超える日は数日しかないそう。
上がっても32度だとか。
それならエアコンも必要ないでしょうね^^ いいなぁ~~~理想的♪
私の住んでいるところは37度まで上がりましたからね~
同じ福岡でもこの違い・・・・・

緑がいっぱい。
あちこちにあるイラストの描かれた黒板が素敵です。
d0275087_16423464.jpg


テラスから奥を見ると、石釜が!
その横には「空前のピザ」と書かれた看板あり^^
d0275087_1645411.jpg

廃材などを使って作った手作りの釜だそうです。スゴーイ!
残念ながらピザは要予約。
食べてみたかったなぁ~~

周りの風景に見惚れてしまって、注文したコーヒーなどの画像を忘れてしまいました^^;
私は有機栽培コーヒー、連れ2人はブレンドコーヒー、特製のパフェをいただきました。
このパフェがまた面白かったんです^^
トッピングのブルーベリーは、お庭から摘んで来たばかりのもの。
中に入っているものも、アイスクリームのほかに、シャーベットのような氷がパラパラと落とされてたり、果物のゼリーのようなものも入ってたり・・・
ちょっと見当がつきません(笑)。
「これ、なんだろねーーー」と言いながら食べてました^^
なかみ、聞けばよかった^^

そして石釜の手前にはこんな看板も。
d0275087_16495688.jpg

宿泊もできるのかしら~~と興味津々^^
電気をできるだけ使わないロハスな生活に興味を持って、体験したいという人が多いそうです。
それで宿泊もできるようにしたそう。
きっとすごーく自然を感じられる素敵な1日になるんでしょうね~

テラスから見えるところに薪が積んでありました。
d0275087_16571554.jpg

ここにもデッキがあって、すぐ下を小さな川が流れています。
テラス席に居る間、ずっとせせらぎが聞こえていました。


店内を見させてもらうと・・・

d0275087_1701950.jpg

てづくり感あふれる素敵なカウンター。
すぐに「写真撮らせてもらっていいですか~??」と許可をもらっちゃいました。
(ご主人夫婦、快くOK^^)

なんだか懐かしい気持ちでいっぱいになる光景です。
d0275087_1713988.jpg


こちらは、一見ビールサーバーのように見えますが、コーヒーなどを温める機械だそうです。
d0275087_1712355.jpg

下の方に開いている丸い穴の部分に点火して、直火でコーヒーなどを温めるそう。
ホテルにあったものをゆずってもらったとか^^
飾りにしかならないんですけどね~とおっしゃってましたが・・・うーん、ぜひぜひ使っていただきたい!(笑)

ここは、昔、陶器のギャラリーだった建物に色々と手を加えてカフェにしたそうで、ちょっとした小物を飾ったりできるようになっているんです。
奥のお部屋はまさにギャラリーになっていて、アンティークのオルガンや家具などが飾ってありました。

d0275087_17182161.jpg

冬場を乗り切る薪ストーブ♪
今は煙突を取り外してあります。
これだけですごされるそうですが、お部屋が暖まるのに1時間くらいかかるんですって。
山の上ですから寒さもひとしおですよね^^;;
でもストーブの上でシチューを作ったりなどなど、冬には冬のお楽しみがあるようです。
お話を聞けば聞くほど素敵だなぁ~と思ってしまいました。
ご夫婦がまったく同じ価値観を持っていなければ、こんな生活はできないでしょう。
頭ではロハスのよさをわかっていても、実際生活を送るとなると、ちょっとやそっとの決意では続けられないですものね。
心底、そういう生活を心地よいと感じ、幸せを感じているからこそのものなんでしょうね。
本当に素敵な生き方なぁーって思いました。

今回はあまり時間もなくて、短い休憩になってしまいましたが、またゆっくりと心地よい時間をすごしに来たいです。
つくづく・・・・MI塾に行く日に寄れれば一番いいんだけどなぁ~~~~~~^^;;



TWO HEARTS
  福岡県朝倉郡東峰村小石原1393-1
   090-8665-7587
   11:00~17:00 (冬期~16:00)
   定休日 火曜日・水曜日   駐車場 有
[PR]
# by akibellcat-2 | 2013-08-31 17:28 | カフェ

MI塾第7回講座に行ってきました

早いものでもう7回め。

今回は秋口に先立って、9~11月頃に不調を来たしやすい、肺・大腸系について、その傾向と対策(?)のお話でした。
(受験勉強みたいな言い方になりました^^;)
これからもっとも知識として必要な要素がてんこもりの内容でとても勉強になりました。
やはり前々から言われていた通り、秋口に体調を崩してしまうのは、夏の暑い時期に冷たいものをとりすぎることに原因があります。
特に、アイスクリームなどの冷たくて甘い乳製品。
お砂糖たっぷりの冷たい清涼飲料。
それらが腸を冷やし、排出力を弱めるので負担が皮膚や肺などの排出器官にどーんとかかってしまいます。
そこで出し切れなくなった毒素が、咳やたん、喘息症状、むくみ、などにつながっていくということです。
どの講義でも言われるのは、「食べ過ぎない」ということ。
何事も「過ぎたるは及ばざるが如し」で、決して良いことはないのですねー。
というより悪いことが起きてしまいます。
もう8月も終わろうとしているので、あぁ~食べてしまった!とか飲んでしまった!とかいう人は、早めに対策を取りましょう。
肺・大腸系に良い食べ物は、白くて辛くて根っこのもの。
白と辛みは五行では肺・大腸系の色、根っこは大腸と対応しているので、それに似た食べ物が食薬となります。
すぐ思い出すのは大根ですね~^^
それを天日干しした切り干し大根などの乾物も体の水はけを良くする効果があるのでむくみ対策にオススメです。
しっかり根っこのお野菜と乾物を取って、夏に酷使した大腸を癒してあげないといけませんね^^;

相変わらず講義は多岐に渡り、全部聴きのがさず自分のものにするには1回じゃ到底無理(苦笑)。
またCDを聴いて復習したいと思います!

午前の部が終了すると、お待ちかねの昼食です^^
ホント、この会場はこの優雅なランチタイムが楽しみでーーーー♪
ウフフ

d0275087_820195.jpg

今日の講義にピッタリのメニューです。
ひじきとれんこんのお話もあったので、まさにコレ!という感じでいただきました。
ミニトマトがさりげなく添えてありますね。
これ、輪切りにしたうちの1つなんです。
極陰性のトマト、このくらいでいいんですねぇ・・・・(やっぱいつも食べ過ぎてます)

d0275087_8203154.jpg

大豆たんぱくの酢豚風なのかな~?
ご飯をいっぱい食べてしまいそうな味!
すごく美味しかったです^^
これにいつもの手作り豆腐がつきました。

このランチもあと4回か~~~~
これからは早く過ぎてしまいそうなヨカン・・・
あ、最後の1回は修了式だからどうなるのかな・・・??


午後からはスピリチュアル系のお話。
これもすごく面白くて考えさせられるのです。

基本的に自分を全肯定し、受け入れて愛していくこと。
自分を一番に大切にしなければ人のことも受け入れることができないということです。
基本ですけど、難しい部分もありますね。
でも信じてプラスの言葉を自分にかけ続けていくと、それが本当になっていきます。
そして普段も否定的な言葉を使わないこと。
むずかしーーーーぃ^^;;
ついつい言っちゃいますもんね~
それは全部潜在意識が自分に対して実行してしまうそうです。
意識しながら日々すごしていくことで、変わっていけるといいなぁ~と思います。
なんて気楽・・・・^^;;

デザート。
有機にんじんのシャーベットと果物です。
d0275087_8445751.jpg

季節の果物の梨とブドウが甘くて美味しい~
玄米コーヒーで中和しながら美味しくいただきました。

私たち第8期生は、実は6人。
定員24人だったので、本当に少数精鋭(?)です。
ほんとに精鋭になるといいんですけど~~~~~~
おかげで、先生とも身近に色々とお話を聞けるし、質問もできるしで、最初は寂しいなーと思ったんですが、すぐにとてもラッキーだと思い返しました。
メンバーとも気心知れて仲良くなりましたし~~~~^^
卒業旅行行きたいねーーーなどと楽しく話しています。
年齢も環境も全く違う数人が、ひとつの人生の目標にむかって一緒に勉強していくとき、そんな違いなんて全然関係なくなるんですね。
社会に出ると経験することではありますが、そのたびに楽しく豊かに過ごせることを本当に感謝しています。


次回は9月8日。
8月は第三週だったので、あっという間ですねー。
1日も休みたくなかったのですが、あいにくその次の月はどうしても休まなければならず、残念です。
どこか別の場所の講座での振り替え受講をお願いしようかなと思っています。
[PR]
# by akibellcat-2 | 2013-08-30 08:57 | マクロビオティック

MI塾第6回講座・その2

毎日暑い日が続いてますねー。
みなさん元気にお過ごしでしょうか。

1日目の記事からかなり時間がたってしまいました(汗)。
忘れないうちにアップしまーす。


2日目。
夜は、窓から入る風が本当に気持ちよくて、久しぶりに熱帯夜とは程遠い快適な夜を過ごせました。
朝は9時までに「あんじゅ」に戻ればいいので、みんなそれぞれ適当に起床。
それから有志で、前日岡部先生が「神様がいる」と言われていた場所までお散歩がてら行ってみよう!ということになりました。

朝のながいわは気持ちいい~~♪

山荘のすぐ下を流れている川。
d0275087_113492.jpg

この川のせせらぎがずーっと聴こえていました。
マイナスイオンたっぷりですね^^


行きたかったのはここ。
d0275087_11351292.jpg

ちょうど真ん中あたりに小屋のようなものが見えますが、その周辺に神様がいらっしゃるんだそうです。
それも3人。
ここからでも見える人は見えるんだとか。
ちなみに私にはぜーんぜん見えませんでした^^;
どうやったら行けるのかなと辺りを見回して考えた結果、この場所から下に降りて行って田んぼのあぜ道を通って向こう側に行けるのでは?ということになりました。
と言ってもかなり急勾配の坂なんですよね^^;
5人でそろそろとくだって行って行き着いたところは川!!
岩がゴロゴロと転がっていたので、そこを歩いて渡りました。
ちょっとした冒険気分ですね~~
もしかしたら水害前はちゃんと渡れるようになっていたのかもしれません。
(ていうか、本来渡るところではないのかも!!??)

汗だくになりながら向こう側へ渡り、今度は上っていきます。
ちょうど擂り鉢の中を通って反対側の淵へ行く感じですね^^

そして勘を頼りにてくてく歩いていって、とうとう到着しました♪

出る前は「時間までに戻ってこれるかな~」なんて言っていたのに、案外近かったです(笑)。

周りは杉林。
d0275087_11353652.jpg


この奥もウォーキングコースになっているんですよ~。
d0275087_11355466.jpg


ここが神様がいらっしゃると言われている辺りです。
d0275087_1136142.jpg


残念ながら私たち5人の中には見える人はいませんでした~^^;;


しばらく周囲を散策した後、山荘に帰りました。
それから会場の「あんじゅ」へ・・・

朝食の酵素を取った後、岡部先生の梅醤作りの実演と説明。
擂り鉢に梅と醤油を入れ、すりこぎで丁寧にすっていきます。
そうするうちにつやつやと美しい輝きが^^
キレイに練られた梅醤ができあがりました。
それを使った梅醤番茶の美味しいこと!!
この日1日は、市販の瓶も置いてあったのですが、そちらではなく岡部先生作の梅醤を番茶に入れて飲んでました。
手をかけて時間をかけて作ったものには、必ず何かの力が入ります。
理屈ではなくそれを飲んだ身体がそう感じるようですね。


その後は、巨石めぐりツアーです。
前回組まれていたんですが、雨天のためこの日に延期になったのです。

d0275087_15122411.jpg

ここ、標高407メートルの地点に長岩城というお城が築かれていたんです。
今思えばいったいどれだけの労力をかけて築いたんだとほとほと感心するほどですが、今はこのお城はなく、城跡として残っているだけ。

この石段をずぅ~~~っと上っていくと巨石があります。
d0275087_15124110.jpg

周りは巨石に囲まれていたんですねぇ~

山の中を、散策というよりほとんど登山^^;;
急な石段をひたすら登っていきます。

d0275087_1513992.jpg

ながいわの里の中心ともいえる巨石、「長岩」。
デジカメを向けてシャッターを半押ししていると、上から紫色の光の帯が下りている場所が見えるんですって!
半押ししたカメラ越しに見せていただきました。
本当に薄い紫の光がすーっと上から降りている!!
自然のエネルギーが降りているのです。
これ、半押し状態じゃないと見えないらしく、一応iPhoneで撮ってみましたが、残念ながらこの通り^^;

けれど、木々に囲まれて聳え立つ巨石は圧巻で、何か大いなるものの力を感じさせられました。

この巨石が「陽」、つまり男性性。そして擂り鉢の周囲の棚田が「陰」、女性性ですね。
その2つが存在するこのながいわの地域は陰陽調和のパワースポットだということです。
棚田は巨石によって守られ、巨石は棚田によって支えられている、本当に素晴らしい自然の姿です。

この巨石の横にはこんな洞窟が。
d0275087_15133047.jpg

近づくことはできませんでしたが、中にお地蔵様が祀られているようでした。
そしてこの洞窟は自然のものではなく掘られているものだとか。
「きっとここは修行の場だったのでしょうね」と岡部先生。
だとしたら、めちゃくちゃ修行効果ありそうな場所ですね・・・^^;;

さらにさらに上っていくと、展望台のようになっている「物見岩」(そのまんま(笑)につきました。
はしごがかかっていて更に岩の上まで登ります。

d0275087_15142540.jpg

山々を一望できる高台です!

ここでしばし瞑想タイム。

意外にも静かで、吹き抜ける風がとても気持ちよかったです。
30分ほど瞑想した後、降りることに。

先生が、「パワースポットといわれる場所にはあまり蚊などがいないんですよ」と。

はっ!
そういえば山の中をうろうろした割には蚊の羽音を聞かなかったような・・・
そして蚊に指されるのが得意な私がまったく刺されていない。
これはスゴイことです!
いいわ~ 住みたいわ~


降り口地点にある「念仏岩」。
d0275087_15144034.jpg


登って降りたときは汗びっしょりでしたし、ハードでしたが、部屋に戻ってきても疲労感はまるでなし。
1日酵素などの液体しか取ってないのに身体はとても元気なのです。
すっきりと気持ちよく、それ以降も講義が続きましたが、眠気も感じず集中して聴く事ができました。

断食して体がきれいになり、酵素の力で腸内環境もアップすると、体の機能も変わってきますし、きれいになった血液が脳内を循環すると脳の働きも変わってきます。
そうすると考え方も変わり、人生が変わってくる。
今回は1泊2日でしたが、これが3日だったら?
もっと変化を感じることができるでしょう。
苦しいと思われがちな、食を抜く、ということ。
食への執着って結構大きいものですよね。
でもそれから解放されるときっともっと生きることが楽になるんじゃないかな、と思います。


最後は、車座になって断食の感想発表。
その後、全員で握手とハグをして1泊2日の断食セミナー終了です。

ここ、ながいわでのMI塾だからこその、巨石めぐりや断食セミナー。
新しく福岡市内に福岡校が開かれましたが、やっぱり本拠地で学べてよかったとつくづく思います。
確かに交通の便は悪いし、たどりつくまでに一苦労ありますが、それに勝る体験が、ここにはあります。
MI塾は、ぜひぜひ本拠地で~~


d0275087_1515535.jpg



次回は8月中旬。
残り少なくなってきました。
1回1回を大切に、今後も頑張ります♪
[PR]
# by akibellcat-2 | 2013-08-04 16:10 | マクロビオティック

MI塾第6回講座に行ってきました♪

d0275087_1921388.jpg


第6回の講座はみんなが待ちに待った(?)プチ断食セミナーでした。
この「ながいわ」の豊か~~でスピリチュアルな場所での断食、きっときっと身体が喜ぶ素敵な体験になるに違いない!と期待いっぱいで参加しました。

プチ断食は、原液の酵素飲料を50mlずつ、定時に1日数回飲むのが基本で、それ以外に水分補給として、梅醤番茶、ゴボウ茶、黒炒り玄米スープ、ヨモギ茶、玄米コーヒーなどが用意されていて、各自必要なときに飲みます。
目安としては、1日のおしっこの回数が5~6回になるくらい。
そして、てっかみそ、ごま塩、干し梅、梅ひじきなどを塩分の補給として少しずつ必ず食べること。
塩分がないと脱水症状を起こしてしまうので、これは重要です。
(私も初めて知りました)
というか、断食を始めるとみんな、砂糖に群がるアリのように、塩気のあるところに群がってきてしまうので、あえて取らなければ!と気をつける必要まるでなし(笑)。
身体が欲するところに従って口に入れればいいのです。

到着して講座が開始されるとすぐに酵素飲料が配られました。
d0275087_19121083.jpg

酵素原液と、お腹がすいたときにすぐ飲むための薄めた酵素、そしてデトックス効果を高めるサプリメント。
これから2日にわたって、この原液酵素が「美味しい美味しい食事ですよ~~」の声とともにやってきます。

何が辛いって、ご飯を我慢することではなく、この原液酵素を飲むことが辛い!!(苦笑)
何しろ甘いんですから!
日ごろあまり甘ったるいものを食べていないので最初はかなりきつかった・・・^^;
それでも気合とその場の雰囲気ってスゴイものですよね~~、結局飲んじゃうんですから。


飲むとすぐに岡部先生の講義が始まります。
夏にぴったりの涼しいギャグを合間に聞きながら、みな真剣にノートをとります。
いつも思うのですが、たいてい何でも睡魔が襲ってくる私なのに、この講座だけは1度も眠くなったことがありません。
本当に不思議です。
寝ないぞー!と気合を入れているわけでもないのに。

休憩1時間をはさみ、午後の講座。
昼食に酵素。
お腹全然減りませ~~ん。
血糖値が下がることなく保てているから空腹感がないんですね^^
それが酵素断食の素晴らしいところです。
午前の部は病気の原因についての講義、午後の部は潜在意識についての講義でした。

午後の部の講義が終わると、酵素を飲んでから地元の温泉へ^^
岡部先生の車に乗り合わせ、ワイワイとおしゃべりしながら向かいました。
d0275087_19284196.jpg

筑後川温泉!(ちょうちんの写真だけでスミマセン)
初めて入りました。
周りは温泉施設だらけでちょっとした温泉街です^^
すこーし鄙びた感じがまた(・∀・)イイ!
肩こりやリウマチ、五十肩などなど効能はたくさんです。
シャワーから出るお湯も温泉で、髪を洗うときにフワ~ッと硫黄の香りがしました。
お湯はとろ~りとして美肌効果もありそう。とても気持ちいいお湯でした。

宿泊施設は、ながいわのセミナーハウスより更に上に上ったところにある、「つづら山荘」。
日本のよき家屋って感じのおちつけるお部屋でした。
d0275087_1934223.jpg


d0275087_19344376.jpg


d0275087_19345836.jpg


そこでまず酵素^^;
d0275087_193524100.jpg

もう、ここまでくるとみんなウンもスンもなく淡々と飲んでます(笑)。

今回は酵素が発泡してたので、サワーっぽくてまだ飲みやすかったと思います。
瓶詰めにしてあるのに開封前に発泡してるんですよ~
初めてみましたけど、たまにあるそうです。(成分に変わりなし)

「ビールと思って飲みましょう~~」

とか、もはや意味がわかりません(笑)。

この後は、生姜湿布の体験。
まず、先生が生姜湯を作るところから実際に湿布をするまで実演してくださり、その後私たちが2人1組になって湿布の実践です。
80度くらいの生姜湯にタオルを浸して絞り、熱々で触れるか触れないかくらいの状態で患部に乗せます。
そのくらいでないと、生姜の蒸気が浸透していかず、効果がないそう。
冷めないように当てた部分をビニールで覆い、更に上からバスタオルを乗せて15分ほど湿布します。
まず1人ずつ首と肩に当ててもらったのですが、気持ちよかった~~~~
そして横になってお腹と腰にしてもらうと、時間も時間だったので、もうそのまま寝そうに・・・^^;
極楽~~~~♪って感じでした。

本で見て生姜湿布は知っていましたが、実際に体験してみると知らなかったことや、気をつけないといけないところがたくさんあって、とても勉強になりました。
これで家族にもやってあげれます^^

湿布体験が終わると最後は酵素ではなく、玄米甘酒でくつろぎタイム^^
酵素の劇的な甘さとは違う、ほんわりとした優しい甘さがとても気持ちを落ち着けます。
そしてくつろぎながら質疑応答。
少し雑談も交えながら、1日めの全行程が終わりました。

この時点で空腹感なし。
食べられないつらさもなし。
だるさも疲労もなしです。


朝から夜まで、先生ももちろんですが、スタッフの木下さんが酵素の準備から生姜湿布の準備まで全部アシストしてくださって本当にお世話になりました。
助けてくださる方がいてこそのセミナー成功なんだなぁーと、心から感謝です^^


この後は私たち宿泊客だけになってしまうので、玄関と窓の戸締りをして就寝です。
その前に、きっと周りが真っ暗だから晴れてたら星がよく見えるんではなかろーかと有志数人で外に出てみたところ、あいにくの曇り空・・・残念。
山荘の前の道まで出てみると、なーんとまぁ、土砂崩れで工事中のため赤い点滅ランプがピカピカ。
それがまぶしくて星どころではなかった・・
暗闇では崩れたところが危ないので仕方がないんですけどね^^;;
けれどしばらく外にいると少しずつ星が見えてきました。
晴れていたらきっともっとたくさんキレイに見えたんだろうなぁ。


二階にあがるとお部屋にお布団が~~^^
d0275087_19534477.jpg

山荘の方が敷いてくださってましたー♪

外からはとーーっても気持ちよい夜風が吹き込んでくるし、川のせせらぎは聴こえてくるし、心地よい夜でした。
もう暑い下界には戻りたくなーーい!(笑)

そんなこんなで22時過ぎくらいにみんなで就寝しました。

1日目、穏やかな気持ちで終了~♪
[PR]
# by akibellcat-2 | 2013-07-16 20:51 | マクロビオティック