和風ベジチャンポン

チャンポンが食べたくなったので、和風ベジ仕立てで作ってみました。
d0275087_8592838.jpg

ファストフード的な「長崎ちゃんぽん」のチェーン店などではトンコツ出汁の白いスープですよね。
でもこれは昆布出汁に野菜ブイヨンを合わせ、それじゃ物足りないと必ず言うダンナの分にはシーフードも入れ、最近買ってみた鎌田の精進だし醤油で味を整えてみました。
d0275087_965016.jpg

こんな醤油があったとは!^^;
見つけたらすぐ試してみたくなるのが困り者でつい手を出してしまうのですが、これはなかなか優れもの。
昆布とシイタケの出汁に、7種類の野菜を合わせて作られただし醤油です。
使い方次第ではいろいろ工夫できそう。
ちょうど甥っ子がアレルギー気味なので、1本試しに分けてあげようと思っています。

そうやってできたスープは私にはかなり濃厚に感じられました。
でもやっぱりダンナには物足りないらしく、後から塩こしょうをガンガン振っておりました・・・(;´д`)

私が住んでいる地域に昔からある食堂のようなお店では、ちゃんぽんと言ったらトンコツではなく、こういう透明っぽいスープのものを出してくれてました。
家でよく母が作ってくれたちゃんぽんもこれ。
一抱えもあるような大きなアルミ鍋いっぱいに炒めた豚肉と野菜を入れてグツグツ(決してコトコトではない^^;)煮込んだ野菜たっぷりのスープ。
もやしとキャベツは後から入れて歯ごたえを残します。
食べる前に麺を直に入れて軽く煮てから野菜と一緒に丼に入れていただきます。
そしてどんどん野菜や豚肉、かまぼこなどを足していって2、3日かけて食べ切るのです。
(いったいどんな家族・・・)
あ〜懐かしい。
今でこそ豚肉やかまぼこは入れませんが、丼の上にちらほら見えるピンクのかまぼこは彩りもよく、当時はすごく美味しそうに見えていました。
実家ではそういう作り方でしたが、義母はまた違うんですねーこれが^^
義母は一人前ずつ作っていくのです。
フライパンで豚肉と野菜を炒め、そこに水を加えてスープを作り、薄口醤油や塩こしょうなどで味つけしてから麺を入れて軽く煮込みます。
そのまま丼にうつしてできあがり。
あまり意識してませんでしたが、各家庭でそれぞれオリジナルチャンポンがあったのではないかなぁ^^
それが普通だったので、長崎ちゃんぽんのチェーン店が進出してくるまで、ちゃんぽんって言うのはこんなものだと思ってました。
今ではすっかり白いスープが定番になってますけどね。
そして麺はお蕎麦。(ダンナはチャンポン麺)
日本蕎麦って結構何にでも合いますよねー。
焼きそばを作る時にもこれを使ったりします。
d0275087_8594838.jpg

最後にごま油を回して香りづけ。
野菜をてんこ盛りにするのがポイントです(笑)。

あぁチャンポンだけでこんなに長文になってしまいました。
スミマセンm(。_。;))m


さて、来月からMI塾の第8期が開講です。
早いですねーもう来月なんて。
同じ県内とはいえ離れているので自宅からは車で約2時間くらいかかります。
最初は会場まで車で、と思っていたのですが先日下見に行ってきたところ、かなりの山奥。
その日はかろうじて到着しましたが、山に入ってからは道も狭く、私の運転技術じゃ心穏やかに毎回通うことは相当厳しいかな、と(苦笑)。
そこで、最寄りの駅までは車で、そこからは送迎バスを利用させていただくことにしました。
全11回通っているうちにもしかしたらのんびりと自家用車で来れる日があるかもしれませんけどね〜^^;
あ、誤解を招くといけませんので付け加えますが、環境的には素晴らしいところです。
周りは棚田や巨石群が広がり、きっと5月6月あたりはとても美しいことでしょう。
それはすごーく楽しみです。





こちらに帰ってきて、色々と考え込むことをやめてみました。
それは帰ってくるなり大きなイベントが待ち構えていてそれに付随する作業なり何なりが多かったためでもあります。
マクロビの勉強はしたい、そのためには経済的に厳しいので仕事をしなければならない。
ありがたいことに仕事の打診はそれなりに来る。
でもイベントがある。忙しい時と空いてる時の差が激しい。
そしてイベントの準備が本格的になってくればまともな食事が取れない。それもストレスになる・・・
などなど、今思えばそれほど悩み込むほどのことでもないじゃんと思うのですが、そのときは自分がいったいどうしたいのか、気持ちをどこに持って行くのが一番なのか、がよくわからず悶々としていたのですよね^^;
んで、いっさい考えるのをやめてみました。
仕事だって来るときゃ来る。
マクロビだって出来る時は出来る。
たいてい事を起こす時はあまり迷わずパパッと決めているので、それができないときはきっとその時期ではないのだろうということにしました。(笑)
そしてある日何気に開いたムスビの会のサイトで第8期の募集を知り、即申し込みをしたというわけです。
なんだパパッと決めてるじゃん。
お金ないのは同じなのに、ていうかイベントあるから更にないのに
きっとこういうものなのでしょう。
MI塾を受講するのは○○のためである!という確固たる目標は今の段階ではあまりないのです。
だから申込書を書く時は結構苦労しました^^;
マクロビオティックをしっかりと理解し実践していくことで、今より豊かな人間になりたい、まずはそこから。
そこがキチンとしてないと周りに影響を及ぼしていくことなんて出来ないですもんね。
しっかり自分を確立して、それから先は・・・

まぁなるようになる、ですかねー(笑)

仕事もこんな調子で、来る時は来る、のノリで慌てず待っていようと思っています。
ヨカンとしては何かが来そうな気はするんですけどね^^

どうなることやら。
[PR]
by akibellcat-2 | 2013-01-29 11:25
<< 凍り豆腐の唐揚げ りんごとシナモンのケーキ >>