梅の花

学業の神様で有名な太宰府天満宮。
その裏の通りにお豆腐と湯葉料理の「梅の花」というお店があります。
先日母と一緒に行って来ました。
お天気もよく梅も満開で絶好の行楽日和でした^^

こちらのお店は懐石料理を予約すると個室でいただけるのです。
こじんまりとした個室は入り口が普通の半分くらいの高さの引き戸になっていて、かがんで入ります。
外からは中の様子がほとんど見えません。
なので落ち着いてお食事ができます。
各部屋には担当の人がついていて、お料理は全部その人が持って来てくれるのです。

お部屋の中の小さな床の間。
d0275087_20561327.jpg

季節のお花がいつも生けてあります。

最初のテーブルセッティング。
d0275087_20564278.jpg

可愛いです^^
これも季節によって変わります。
時期的におひな様ですね〜♪


お品書き。
d0275087_2057152.jpg



前菜です。
小鉢、湯葉煮、季節のおひたし、茶碗蒸し。
d0275087_20573366.jpg

小鉢の中は、カマンベールチーズのお豆腐。
葛粉を使ってあるのでもちもちでした。


「おしのぎ」のレンコンまんじゅう、かにしゅうまい。
d0275087_20574845.jpg

レンコンまんじゅうが美味しかった〜〜
これもホントにもちもち。
カニシュウマイが入っている器は底に小さな穴がいくつも空いていて、それ自体が蒸し器になっているんですよ。
そのまま蒸してそのまま出せるのですごくいいですね^^
私も欲しくなってしまいました。


季節のおつくり。
d0275087_2058383.jpg

このくらいの量が嬉しいですね^^


引き上げ湯葉。
d0275087_20581869.jpg

豆乳をコトコトと煮詰めていって上の方に出来上がった湯葉を引き上げ、だし醤油と柚子の皮のすりおろしを入れていただきます。
柚子の香りがすごく利いていて美味しかったです。
これは早めに出されて出来るのに時間がかかるので、他のお料理も楽しみつつこちらもいただけるというちょっとお得な感じ^^
最後はお鍋の底が見えるくらい、たっぷりと堪能させていただきました。


春野菜の天ぷら。
d0275087_2058327.jpg

菜の花、ふきのとう、たらの芽、こごみ、たけのこ、にんにくの芽。
さっぱりと塩でいただきます。
うーん^^春爛漫〜♪
こういうお料理は身体がとっても喜ぶ感じでありがたいです。
春野草でデトックス効果もバッチリ!?


湯葉のお吸い物、鮭のおこわ、八女漬け物。
d0275087_20584624.jpg

あっさりと薄味がとても美味しいご飯ものでした。


そうそう1つ写真を撮り忘れました。
途中で、生麩の田楽と、鱈の西京焼が出ました。
お肉のお料理とどちらかを選べます。


デザートは豆腐のアイスクリーム。
d0275087_2059138.jpg

黒蜜と合います。美味しかったです^^


多少、お魚や茶碗蒸しなどが入りますが、概ねシンプルなお料理なので私も美味しくいただきました。


入り口のところにはおひな様。
d0275087_20591697.jpg

少し高さのある棚などの上に置いた方が観やすかったかなぁ・・・・
床に直に置いてあったので^^;
でも楽しめました。



梅の花を出るとすぐに太宰府天満宮です。

大きな楠。
d0275087_20593198.jpg

樹齢はものすごいんだろうなー。
幹にはぽっかりと大きなうろがあり、まるでトトロが住んでいそうな雰囲気。
d0275087_20594695.jpg

木の幹も補修されています。

こんな木が天満宮のあちこちに立っているんです。
ものすごいパワーですよね〜。

天満宮の入り口です。
d0275087_20595970.jpg

梅が満開だからか合格祈願だからか・・・
それとも国立博物館でボストン美術館展をやっているからか・・・
平日だったのにすごーい参拝客でした。

記念撮影をしている人たちの合間隙間を縫って私もパチリ。
d0275087_210266.jpg

紅梅、キレイです〜〜

菅原道真を慕って京から飛んで来たと言われている「飛梅」
d0275087_2105194.jpg

よく見ると3本ありました。
本堂の横に植えられています。


梅まつりだか何だかで、境内には出店がずらり。
猿回しの人までいました^^
合格祈願でしか来たことがなかった太宰府でしたが、今はそんな心配もなく満開の梅をのんびり眺めることができて嬉しかったです。
実は自宅から車で約30分強という近さなんです。
またお天気のいいときにお散歩がてら行きたいな〜。
[PR]
by akibellcat-2 | 2013-03-05 23:21 | 日々のこと
<< 娘の帰省とご飯イロイロ レンズ豆のチリトマト煮 >>