MI塾 第3回目

早いものでMI塾第8期が開講してからもう3回目となりました。
前日の夜に京都から帰ってきたのですが、疲れる気配もなく無事に会場まで到着^^
前回は先生が運転される送迎の車の後をついて怖々と山道を走りました。
それが今回は余裕!(笑)
相変わらず道は狭く、水害のための崖崩れもまだまだ修復途中。(長いな〜〜)
でも途中の風景を眺める余裕まで出て来ました。
d0275087_19231117.jpg

のどか〜〜

水をたたえた池のようなところは合所ダムです。
大きな大きなダムなんですよー
途中で展望できるような駐車スペースがあり、車を停めて景色を眺めることができます。


時間にかなり余裕を持って到着。
第3回目の講義は、夏の陰陽五行。
夏に対応している臓器についてとその養生法。
女性性のエネルギーの強さ、また旧暦との精神的関係などなど・・・
お話は多岐に渡るので、とても一言では語れません。
けれど今まで考えていたマクロビオティックの概念が変化しているような感じです。
地球だけではなく、宇宙との関係、エネルギーの流れを含めて全てがマクロビオティックなのだなーと。
とても壮大です。そして面白い^^
自分という1人の人間の可能性を信じてみたくなります。
こういう思想を常に心に蓄えて生活していると変わってくるんだろーなーー。
全国で講演会をなさっている先生なので、機会があればぜひお話を聴いていただきたいです^^


午前の部の講義の後はマクロビランチ〜〜♪
これが本当に毎回楽しみで^^
パワースポットである長岩の自然に囲まれて講義を聴き、丁寧に作られたマクロビのお食事をいただき・・・お勉強と言うより月に1度の癒しの会のようです。
d0275087_19233437.jpg

玄米ご飯。
新じゃがと春キャベツのコロッケ。
たけのこのトマトソース煮。
わらびの白和え。
お漬け物
青菜のお味噌汁。

たけのことトマトソースって合うんですねー!
とても美味しかったです。
d0275087_19234981.jpg

私もマネして作ってみようかな^^

その他、飛龍頭の葛あんかけ。
d0275087_1924326.jpg

飛龍頭は私も何度か作ったことがありますが、ぜーんぜん違いました!
揚げてあるのにふんわりと崩れそうなほどの軟らかさ。
これどーやって揚げたんでしょう・・・
金じゃくしみたいなもので1個ずつ揚げたのかな??
ふんわりお豆腐に、中に入っているレンコンのシャキシャキ感。
軟らかいのによく噛めるという・・・考えられていますねー。

多分、量としては少なめなのに、食べ終わる頃にはお腹がいっぱいになります。
それなのに午後の講義は眠くなりません。
身体に負担のない食事って本当に嬉しいですね^^


午後からは森林ウォーキングということでセラピーロードになっている棚田まで行きました。
残念ながら水害で棚田も道も崩れているところが多く、部分的な散策になってしまいました。
本当にあの水害は大変なものだったようです。
d0275087_19241389.jpg

美しいですね。
d0275087_19242825.jpg

岡部先生曰く、「日本のマチュピチュ」

それもうなずけます。
何となく雰囲気似てますね^^

d0275087_19244314.jpg

こうして観ると美しい棚田が並んでいて、何の変わりもないように思えます。
でも完全復旧には30年ほどかかるとか・・・
長い長い時間をかけて創りだされ営まれてきたこの棚田。
それがあっという間に崩れてしまうのです。
自然災害の恐ろしさをひしひしと感じます。
私たちは自然を舐めすぎてはいないでしょうか。
何でも人間の思う通りになると思い込んではいないでしょうか。
もっと畏怖を感じて敬意を払って生きていかなければこれから先、更に大変なことが起こるのでは、と思わずにはいられません。


帰って来てからのお茶タイム。
d0275087_19245650.jpg

やっぱり本拠地に通って良かった〜と思う理由の一つ^^
このスイーツでーす。
おいし〜〜〜〜
玄米コーヒーにぴったり合います。
ゆっくりと堪能してから午後の最後の講義に入りました。

全11回、11時〜17時までの講座。
これだけの時間、先生のお話をびっちり聴けるなんて考えてみたらすごいことですね。
中には1泊2日の断食セミナーまであるんです。
これを修了したときには自分自身、成長していたいなぁ。
そしてもっともっとたくさん勉強したい。
それを自分だけじゃなくて周囲に発信したい。
・・・って「○○したい」じゃダメなんですね^^;
「する!」と断言しないと。(笑)

私がMI塾に通い始めてから、実家の母や妹がほんの少しずつですけど変化の兆しをみせています。
ホントにちょっとだけなんですけどね^^;
身近なことでは、ゴボウの皮を剥かずに調理するようになったとか・・・
これって些細すぎるほどなんですけど、ちょっと潔癖症的な面がある母にとって皮を剥かずに料理するなんてことは物凄いことなんです。
今までなら有り得ない!
妹は、子ども達にパン類をほとんどあげなくなりました。
お腹がすいたーと言われたらすぐに与えていたものが、今では週1くらい。おやつはほとんどおにぎりになってます。(米の減りが半端じゃない!と言ってましたが^^;)
これも、パン好きな妹にしてみればとても大きなことなのです。
そうすると子ども達の身体に変化がでてきたとか。
「やっぱりパンやめたせいかなぁー」と言ってました。その変化を感じ取れることが大切なんですね。
それがほんの小さなことでも、やがて大きな変化に繋がっていくのですから。
その手助けを私ができたらとても嬉しいです。



先日、秋田で勤めていた保育園から嬉しいものが届きましたー!
d0275087_19253971.jpg

秋田の物産詰め合わせ^^
そして毎年作られる保育園の卒園文集です。
丁寧なお手紙も入っていました。
今年卒園した子どもたちは、私が初めてその園に勤務したときに担当したクラスの子たちです。
当時はまだ1歳児。
突然入って来た私を何の抵抗も無く受け入れてくれ、懐いてくれました。
その子たちの成長した姿が文集にはしっかり載っていました。
懐かしくてとっても嬉しかったです。
卒園式の招待状も届いてました。
こんな遠方なのに、送ってくださったその心。本当にありがたいです。
残念ながら今年は出席は出来ませんでしたが、まだ知っている子がいるうちに1度は出席するつもりです!
その土地を去ってもいまだに続くご縁があるって嬉しいことですね。

ご縁をいつまでも大事にしたいと思います。
[PR]
by akibellcat-2 | 2013-04-16 20:21 | マクロビオティック
<< 春の野草と地元のお酒 京都にて。 >>