毎年恒例(?)八朔マーマレード

八朔が美味しい季節になってきました。

ここ西日本では、八朔などの柑橘系はお庭で栽培することができます。
むかーしから、庭に八朔や夏みかんやゆずなどが植えてあるのは普通のことでした。
ですから私自身、そういったものはお店で買うものではない、と、思っていたものです(笑)。
それは、まぁ、ローリエとか金柑とか三つ葉とか山椒とかもそうですけど^^;
今思えば、私はとっても豊かな時代に生きていたのですねぇ・・・

さて、この八朔。
結実はもっとさむーい時期になります。
青々として大きな実が寒い時期に生り、それが徐々に黄色く熟してこの時期に至ります。
とっても長い間、熟成されるものなのですね^^
そして収穫してからもかなり長持ちします。
皮がしわしわになってきたころが美味しいという話も。

我が家にある八朔はちょうど皮がしわしわになってきた頃。
食べると心地よい酸味がたっぷりで、とってもジューシーです。
そんな八朔。
皮を捨てちゃうのは本当にもったいない。
なにしろ自然栽培なのですからーー(庭で放置ともいいます)
ということで、毎年その皮でマーマレードを作っては、ご近所さんや、実家に配っています^^

ことしも早速作りました^^

まず、むいた皮を一晩水につけます。
d0275087_1622362.jpg


やわらかくなった皮から白い部分を削り取ります。
スプーンでもいいのですが、私は包丁で削ぎ切りにします。

それをたっぷりのお水で、2回ほどゆでこぼし。
d0275087_163388.jpg

八朔の皮は苦味が強いので、このくらいして、やっとほろ苦味が美味しいって思えるようになります。


ゆでこぼした皮を細切りに。
d0275087_164029.jpg

それと、むいた実と甜菜糖を一緒に鍋に入れてコトコト煮込みます。
そのときに、種もネットなどに入れて一緒に煮込みます。
種はペクチンが含まれているので、トロミがつくんです^^

コトコト煮込んで、徐々に水分が飛んでトロッとなってきたらできあがり^^

瓶にいれて保存します。
d0275087_1663726.jpg

パンと一緒に食べても、またパンに焼きこんでもとっても美味しいです。

これを作ると「あぁーそろそろ夏になるなぁー」って感じがします。
たいていこの時期ですもんね。
食で季節を感じる・・・
なんだかとても大事なことのような気がします。
[PR]
by akibellcat-2 | 2013-04-28 16:28 | ナチュラルスイーツ
<< 5月になりました 小豆入り玄米ご飯 >>